あじさいぶろぐ

三浦涼介さんの出演作品、ミュージカルについての感想。他にも色々。

マリア・ストゥアルト

マリア・ストゥアルト

シラー 相良守峯=訳(岩波文庫

 

おひさしぶりです。←

そろそろブログの存在を忘れかけそうになりました。

あぶない…とりあえず1年は続けたいのです(2月までww)

 

ここ最近は何をしていたっけな。

自分自身が色々大変でてんやわんやでした。ここのところ体調がよくなくて…心身ともに健康であることって大事ですね。

 

りょうすけさん関連で何かあったっけな??

 

オフショがやけにこんがりしていたのが面白かったですね。

 

こんがりりょうすけ。←

 

あとは、ラジオ本のオフショ公開とか??

淡いピンクの衣装がめちゃんこ可愛くて期待大ですね。なんかりょうすけさんだけロケなしだったらしいけどwwwwwwww

室内ロケでも十分素敵だと思います。だからいいんでないの??海でなくてもwwwwwwww(とは言いつつもとまらぬわらい)

 

さて、本題ww

 

メアリ・スチュアートの原作を読みました。

この作品、原作本が何種類かあるそうですね。よく分かってはいないんですけど…

 

わたしが読んだのは、冒頭にあるとおり岩波文庫版です。

岩波文庫という響きが懐かしい。変身・断食芸人とか読んだなぁ(「変身」とは、セールスマンが朝起きると自分自身が大きな虫になっていることに気がつき、そこから物語が展開する…というようなあらすじ。結構面白かったです。)

 

岩波文庫の「赤」ってなんだろな。

色んな色がありますよね。赤とか…青??とか??

 

さっそく脱線してるし…(笑)

 

注意事項、書いときますね。

 

※ネタバレを含みます。

 

※ネタバレを含みます。

 

※ネタバレを含みます。

 

※あと、歴史超苦手&読解力および記憶力が破綻してるので嘘書いているかもしれません。←←

 

いやぁ、歴史劇って難しいですね…歴史苦手だし文語表現(堅い言い回し)苦手だしでかなり悪戦苦闘しました。これ、すんなり読めた方いらっしゃいますか??わたしには到底無理でした…wwww←おとななのに

 

まず、メアリ・スチュアートという表題を目にしたときにピンと来なかったくらいですからね…

歴史や舞台作品好きな方はピンときたりするものなのかな。

 

文章量も半端ないし。

途中で何度も心折れそうになりました。でも、推しの出演舞台の原作も読めなくてどうする!!!!って感じで、投げ出すのは悔しかったのでその悔しさをバネになんとか乗り切りました(なぞにスポ根ww)

 

読書って頭のスポーツですね。普段読書しないわたし(たまに熱中して何冊も続けて読むことはあるものの日常的には読まない)はもうへとへとですよww

 

印象に残ったこと。

 

メアリはやはり処刑されてしまうのですね。

ラストの、「わたしは署名をしただけだ、なぜこのようになったのかわからない」というようなエリザベスの言動がちょっと痛々しい感じに思えました。終わり方がなんとも言えないなぁ。あのもどかしい終わり方が、読んでいてすっきりしなかったです…それこそが、エリザベスの感情そのもののようにも思えますけどね。王位継承権争いは終わった、処刑も終わったのに、エリザベスのメアリに対する感情は終わりを迎えられない…のだな、と。

 

処刑前もそのようなことを言っていたなぁ。「わたしは署名しただけで、この書類をどうするかはそなたに任せる」なんて。王位継承権は望んでいたけれど、メアリの命までは望んでいなかったんですよね。

 

あとあと、モーティマーって自死してしまうんですね。

ほんとショック…だってエリザベートでもしぬじゃないですか。りょうすけさん…(※役の話)

 

命を落とす役が2作品続けてか…そういや某映画でもお亡くなりになる役でしたね…ほんとしにっぷりがよすぎる…

 

推しは第二のかとうかずきさんを目指しているのだろうか(違)

 

そういえば金曜に再放送する某ドラマでも(ry

 

あらすじを読んで、主従関係やら処刑というワードからなんとなくMA(マリー・アントワネット)みを感じていたのですが(もちろんメアリがマリーで、モーティマーがフェルセンのイメージ)結構違いますね。

 

ふたりともめちゃくちゃ意志が強い。

特にモーティマーなんかは、メアリを追い求めてわざわざイングランドまで来るわ、レスターを言いくるめて味方につけようとするわ、我先にメアリを助ける作戦を企てて実行するわですごく逞しいですね。

 

演出家の方だったかな??

モーティマーとりょうすけさんのことを、純粋だと表していたけれど、ひとくちに純粋でもここまで突き詰めると狂おしい感じのものになるのだなぁと思いました。

いや、りょうすけさんじゃなくてモーティマーが、ね。

 

どこのシーンだったかな。チェッ!!っと悪態をついたモーティマーが印象的でした。目的のためには手段を選ばない人ですね。メアリに謁見したときには、こんなに遠くから来たんだよー!!あなたのことをとてもお慕いしているのですよー!!てな感じでものすごい勢いで、彼女に対して愛の丈を語っていたというのにね…

 

あのめちゃくちゃ純粋で可愛かったあのモーティマーが、あんな凄絶な死を遂げるだなんてね…

 

最後までメアリのことを想い、そして窮地の折りまでも彼女に忠誠と愛を誓ったモーティマー…りょうすけさんがどんな風に演じてくれるのか、すごく楽しみです。

 

しっかしモーティマーってとんでもないくらいに短気ではないですか??そんな風に感じるのはわたしだけかしら??めちゃくちゃ激情の人って感じ。

 

りょうすけさん、ちょいちょいお芝居がオーバーな感じがして。

そこがちょっと苦手なように思うことが最近は特にあるのですが、今回はあのちょっとオーバー気味(激情ぶりが半端ない)とモーティマーのあの凄絶かつどこか刹那的な生き様がうまくシンクロしたりすると面白いのかな…と不安半分期待半分ってところですかね。

 

メアリとの出会いのシーン、策を練って彼女を救いたい衝動に駆られるシーン、最後のレスターに裏切られてから自死するまでのシーン…このあたりがモーティマー的な見どころなのかな。個人的にはそんな風に考えています。

 

しっかし、政治もそうだけど宗教の知識がないと難解ですね、メアリスチュアート…

 

カトリックでは離婚が認められない(結婚自体を無効とすることで、事実上の離婚は可能)ため、そのあたりで王位継承権の優劣の話が複雑になるのが、今回一番の発見??というか改めて勉強し直して興味を持ったところかな。

 

エリザベスはふたりのメアリ(実の姉と、父の従妹)と王位継承権争いをしているんですよね。

 

エリザベスは一度庶子まで身分を落としたけれど、実の姉のメアリが亡くなってから無事即位していますよね。たしか。しかしながら、父の従妹であるところのメアリがスコットランドから亡命したがために、また王位継承権争いの渦中に巻き込まれるという…

 

実の姉の方は、プロテスタント迫害に加担したブラッディメアリとして有名ですかね。あとエリザベスとメアリのお話としては、幼少期の確執~エリザベスの即位までが、恋愛模様も織り込んで「ミュージカル レディ・べス」にドラマチックに描かれていますね。

 

まぁ、わたし見たことあるんだけど調べるまで気が付かなかったよねwwww

それで、ふたりのメアリがこんがらがってしまったというわけです(完全に言い訳だしただの勉強不足ですww)

 

メアリ(父の(ry wwwwほんとふたりとも同じ名前だからややこしいですね…)がなぜあれほどまでに権利を主張したのか疑問なのですが(あなた亡命して助けを求めてきた身なのに…)

 

メアリは一度フランスに嫁いで優雅な生活を経験していたプライドもあるし地位を落とした生活なんてできないし、実際に周囲からその権利があると言われていたので(カトリックとしては正統な権利はメアリにあるとしていた)そうしたのかな…ちょっと理解不足です。

 

吉田栄作さんがレスターということで…

陰謀策略の渦巻く世界がどのように紡がれるかが楽しみですね。

モーティマーとレスターのシーンってすごく緊迫した空気になるのかな…おそろしいけど見ごたえあるだろうなぁ…

 

今回はアクティングエリアということでかなり舞台が広いから、メアリの脱出を企てて騒ぎになるシーン、あとはエリザベスとメアリが邂逅するシーン(遠くからふたりが歩み寄ったりするのかな??)なんかは、大きく演出されるのではないかと勝手に期待しています。

 

こんなところですかねぇ…

 

予習をしたおかげでモーティマーが悲運の最期を迎えると知って、今からもうかなしいです…(はやすぎる)

 

MAだったら生き残ったフェルセンが亡くなったマリーに対して切々と歌いかけるシーンがあるのに…いや、メアリはストプレなんだけどwwww

 

今回はミュージカルじゃないと知ったとき、すごくしょんぼりしてしまったんですけど、作品について理解を深めると(深めるといっても必要最低限かそれにも及ばないくらいなのですが)結構面白いものですね。ちょっとずつ興味が湧いてきたし、モチベーションが上がってきました。

 

三浦涼介」といえば、経歴を見るにミュージカルよりストプレの人って感じの第一印象だったので、ストプレを一度は目にすることができてうれしいといえばうれしいかな。

 

残り2週間切っているんですね。

せっかく観劇するのだし、色々吸収してどんな舞台になるか気持ちをわくわくさせながら臨みたいものです。

 

エリザベスとメアリのお話だったかな??以前あった特番はばっちり録画してあるので、さらなる予習と自分のお勉強の答え合わせwwも兼ねて見ようと思います。そちらの方も感想書けるといいな。

 

ということで、わたしの拙いお勉強の成果でした。←

おっさんずラブ 6

最初の頃は、春田くんVS部長wwだったのが、どんどん色んな人が恋愛戦争に参戦するようになって面白いなぁ(笑)

 

春田くんとちずちゃんが一緒だと、ふつーの??月9のドラマみたいww

 

牧くんとは結局バイバイしちゃうのか…かなしいな。

 

ラスト、部長のエプロン姿♡♡に目を奪われすぎて、他の記憶が消し飛ぶ勢いでしたwwww

 

あれふつーの女の子だったら超絶ロマンチックで甘々なシチュエーションなんだけどな。部長がやってると笑っちゃうなww

 

あと1話でどう完結するんだろww

 

最後まで楽しみきろうと思います。わくわく♪♪

おっさんずラブ 5

7話で終わっちゃうんですよね。早いなぁ。

 

春田くんがカミングアウトしたところで終わりましたね。

 

部長が雄叫び上げながら走り込んできたところでキリ良く次回予告になって笑いましたww

 

同性同士で一緒に過ごすことに対して恥ずかしいと思ってほしくないけど、春田くんみたいに堂々と交際宣言するのもどこか違うような。難しいなぁ。

 

自分一人きりでどうにかなる問題じゃないからな。

 

春田くんにはたくさん失敗しながらも、迷い悩みながらも、自分の納得する答えにたどり着いてほしいなぁと思います。

おっさんずラブ 4

完全にハマってるwwww

 

春田くんが色んな人に言い寄られていて大変わらえます。

 

モテ期到来!!!!!!!!

 

人生3回あるとされるモテ期、その最後がこんなに波乱万丈とはwwwwwwww

 

あちら側とこちら側ではぜったいに分かり合えない…みたいな台詞がありましたね。

恋愛に限らず、そういうことってほんとたくさんあるよなぁ。

 

その分かり合えなさを、

始まりと取るか、終わりと取るかで、未来が変わるんだろうな。

 

春田くんがあちらの世界に踏み込もう、踏み出そうとした瞬間に次回予告になりました。

 

これからどうなるんだろう!?!!

 

どきどきしながら続きを見守ろうと思います。

おっさんずラブ 3

こんなに面白いドラマとはwwww

 

3話見ました。

浮気調査を強引に頼まれてしまう春田くんwwwwのジレンマwwwwたるやwwwwwwww

 

レストランやらファミレスで修羅場っててわろたでした。

 

奥さんの叫びが個人的にツボすぎてヤバかったです。

叫び方wwwwwwww

 

「たましいの叫び」ってきっとこんな感じだ(?)

 

取り乱してメニュー開き始めたのがリアルだなぁ。

人ってパニックになると、普通では考えられないようなことをはじめる生き物たと思っていてww

大量の千切りキャベツとかも、奥さんの気の狂いようがひしひしと伝わってきました。つらいなぁ。

 

このドラマ、異性愛者の人たちと同性愛者の人たちの交流を描いた作品だと思っているのですが、そういったセンシティブな問題をできる限りポップに嫌味なく見せているのが、すごく好印象でした。見ていてあまり不愉快にならない。

 

飲み屋さんの女の子が春田さんに助言するときも、へんに気を遣っていないのがいいな。ひとりの人間同士として真剣に向き合おうよって言ってる姿がすごく頼もしかったです。

 

生真面目な議論もいいけど、ドラマやら漫画を通して身近にある問題についてちょこっと考えられる…そういうのっていいな。

 

きのう何食べた?なんかもそうですよね。

食がメインだけど、さりげなくそういう話題にも触れていて。

 

おっさんずラブ、コメディとして最高に面白いし、普段なかなか考えられないことをデフォルメして教えてくれる作品でもあるし、こういう良質な作品がどんどん増えたらいいなーと個人的に思いました。

 

B×とか苦手だよって方でも楽しめるんじゃないかな。

気になった方にはぜひ一度は見てほしいかも。

おっさんずラブ 2

早速続きを見ましたー!!!!

 

めっちゃ楽しいww

 

ついに春田くんを賭けた戦いが始まりましたね(笑)

 

おまえ春田の良いところ10個言えんのかあああ!?!!

 

おまえ春田の悪いところ10個言えんのかあああ!?!!!!!!

 

悪いところってwwwwwwww

そこまで競い合うふたりってwwwwwwww

 

あなたの欠点でさえわたしには愛おしく思える♡♡的な(笑)

 

靴揃えないとかうつ伏せで寝るとか実に生々しい回答だったなww

 

わたしも推しの悪いところ100個言えるz(ry !!!!!!!!(?)

 

さすがに100個はないか。せいぜい20k(ry←

 

奥さんが浮気調査しはじめたのには笑いましたww

浮気相手…(笑)

 

基本シリアスなお話が好きなのですが、笑えるドラマもいいなぁ。

 

流行ってるドラマってあえて見ないのですが(あまのじゃくな気持ちが働いてしまい)見てみると楽しいですね。

 

1話も2話も面白かったので、最終話までぺろり??と見てしまいそうです。

 

田中圭さんのお芝居が面白いな。

はちゃめちゃな身振り手振りが、春田くんのらしさを引き出しまくってると思いますww

おっさんずラブ 1

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!!!!

 

一応、ブログでも新年のご挨拶を…(笑)

 

ついにおっさんずラブを見てしまいました。

見てる人結構いるみたいですね、気になっていたのですがなかなか見る機会がなく。アマプラで検索してみたら丁度あったので、お試しで見てみました。

 

面白い!!!!wwww

 

不動産会社かー。

主人公の春田くんが、部長に言い寄られたり同僚に言い寄られたりするお話のようで…時代設定は現代なんだけど、どこかファンタジックな世界観がえも言われぬおかしみを生み出していましたww

 

これは特に原作とかがないのかな??

 

いわゆるB×的描写がすごいのかな??と思いきや、そこまで過激でもなくまろやか??な感じで、安心して見られました。ふつーに楽しくストーリーを追いかけられました。

 

春田くんが、ひゃーっ!?!!!!!!と雄叫びを上げるたびに、なんだか笑ってしまいますwwこのお話、どう終結していくのだろう(笑)

 

田中圭さんめちゃくちゃ可愛いなぁ。

あまりに楽しかったので、この世界に推しがいたらどんな役になるかしら??となんとなく想像しちゃいました。これがおたくのさがというものかしら??ww

 

続きを見るの楽しみです。

今日はもう数話くらい見てみようかな。

 

ひさびさのドラマの感想でした♪♪